2014年9月2日火曜日

西部劇時代の味

西部劇時代の味ってホンマは知らんねんけど、なんとなく開拓者って風味に仕上がりました
本当は冷蔵庫で一晩寝かしたら味に丸みが出るのですが・・・とりあえず味見(笑)
少し残ってたアーリータイムスを2人で分けて・・・・一杯のかけそばみたいやな(笑)
裏で食後の一杯・・・・気分は開拓者(笑)

トーマス君の初仕事です(^0^)
いつものMESQUITEというスモーク用チップと
バスプロでかってきたOAK・ROBLEという木を斧でかち割ったようなクッキング・チャンクと
炭をミックスして200度Fで2時間半・・・完成です(^0^)、肉もジャーキーみたいに仕上がりました

写真はスタート時

そして2時間半後・・・残り火でハンバーガーを焼いて・・・・こちらはこだわりの薪焼バーガーです
肉もちじんだので途中で上下を入れ替えて・・・・肉・卵・イカ・鮭をスモークにしました
鮭は昔ユーコンの畔で鮭を捕ってスモークにしてたインデアンのおっさんに少し食べさせてもらった
味みたいに仕上がって・・・・なんとなく嬉し懐かしサーモンジャーキーって感じでした(^0^)


猫花粉症;
治ったみたいです・・・・良かった、よかった(^w^)
2~3日前、家の横の雑草を抜いたらクロの症状が少し楽になったみたい・・・で、昨日
薫製を作りながら裏庭を見てたら隣との境にあるフェンス沿いに野生のゴーヤが生えてて、
「アレ!野生のゴーヤが原因かも、クロが小さい時、ゴーヤちゃんぷるのゴーヤが床に落ちたのを
口にして、それで口から泡を吹いて痙攣しだして・・・・」
「ホンマやダリちゃん、ゴーヤの花粉が原因かな、今から抜いてくる」
で燻製を作ってる間にハニーが全部抜いて綺麗に片づけて

今朝クロが来たので、顔をみたら涙目は収まってて、瞬幕も出てなくて

良かったな・・・・新しいことわざ「猫にゴーヤ」その意味は「それだけは勘弁して」